▶ YouTube動画「トイトク」定期テスト・高校入試対策

中学地理「アフリカ州に関する一問一答」

スポンサーリンク

中学地理「アフリカ州に関する一問一答」です。

スポンサーリンク

アフリカ州に関する一問一答

次の問いに答えよ。ただし、(   )には、適語や適当な数字を入れよ。

1.アフリカでは、(    )年代に多くの国が独立した。

2.アフリカには多くの民族が存在し、独自の言語のほか植民地時代の言語を(   )語として使用している国もある。

3.中南アフリカの赤道直下の盆地を(    )川が西に流れて大西洋にそそいでいる。

4.北アフリカの大部分は、乾燥帯であり、サハラ砂漠の南側の(    )とよばれる地域で砂漠化が進んでいる。

5.ギニア湾岸ではプランテーションによりチョコレートの原料となる(    )の栽培がさかんである。

6.南アフリカ共和国では、(    )などの鉱産資源恵まれ工業化に成功。

7.19世紀の松には、アフリカの大部分はヨーロッパ諸国の何とされたか。

8.アフリカ諸国の国境に直線が多いのは、何を基準に決められたからか。

9.世界最長の川であるナイル川が流れ込む川はどこか。

10.ヨーロッパ諸国が開いた、輸出用の商品作物をダ規模に生産する農園を何というか。

11.工業化に成功した、金・ダイヤモンドを多くを算出する国はどこか。

12.1869年に開通したヨーロッパとアジアを結ぶ最短航路として利用される運河を何というか。

13.アフリカ北東部をンがれる世界最長の河川を何というか。

14.森林を伐採して焼き、その灰を肥料としてヤムいもなどを栽培する農業を何というか。

15.特定の農産物や鉱産物の生産・輸出にたよる経済を何というか。

16.ピラミッドを築いた古代文明で知られる国はどこか。

17.アフリカ東部の赤道直下にあるコーヒーや茶の栽培がさかんな国はどこか。

18.アフリカ北部に広がる世界最大の砂漠を何というか。

19.アフリカ中央部に広がる盆地を何というか。

20.アフリカ西部の赤道直下の大西洋に広がる湾を何というか。

アフリカ州の一問一答解答

1.1960

2.公用

3.コンゴ

4.サヘル

近年は、砂漠化が進んでいる。

5.カカオ

6.レアメタル

7.植民地

8.緯線・経線

9.地中海

10.プランテーション

11.南アフリカ共和国

12.スエズ

13.ナイル川

14.焼畑農業

15.モノカルチャー

16.エジプト文明

17.ケニア

18.サハラ砂漠

19.コンゴ盆地

20.ギニア湾

復習しておこう!
アフリカは世界で2番目に大きな大陸で、多様な自然環境と豊富な資源が特徴です。サハラ砂漠は世界最大の砂漠であり、コンゴ盆地には熱帯雨林が広がっています。主要な河川にはナイル川、コンゴ川、ニジェール川があります。エジプトのピラミッドや南アフリカのテーブルマウンテンなどが観光地として有名です。アフリカには54の国があり、ナイジェリア、エチオピア、エジプトなどが主要国です。多様な民族と文化が共存し、言語や宗教も多様です。経済的には農業と鉱業が主要産業ですが、開発課題も多くあります。これらの地域特性が理解の鍵です。

コメント

テキストのコピーはできません。