中学地理の「アメリカ合衆国(農業・工業など)」のまとめ

シェアする

スポンサーリンク

中学地理の「アメリカ合衆国(農業・工業など)」のまとめについてです。特に、農業、工業についてはしっかり、地域や特色などおさえておきましょう。それでは、中学地理の「アメリカ合衆国(農業・工業など)」のまとめです。

アメリカ合衆国

アメリカは世界の食料庫です。

スポンサーリンク

アメリカの農業の特色

労働者を雇い大型機械を使用して大規模に栽培。自然条件や社会条件に適した作物を栽培(適地適作)。大規模に栽培すると生産にかかる費用は安くなる。

  • 小麦…プレーリーからグレートプレーンズにかけた地域で小麦の栽培。
  • トウモロコシ…中央平原北部のオハイオ州からアイオワ州にかけて栽培。大豆の生産も盛ん。
  • 酪農…五大湖の周辺。
  • 綿花…南部一帯から東部。大豆や落花生の栽培。
  • 地中海式農業…カリフォルニア州を中心にぶどう、オリーブ、オレンジなどを栽培。

アメリカは、世界の食料庫で、小麦・トウモロコシ・大豆などを大量に生産し、世界各地に輸出している。アメリカ合衆国で生産された農作物は世界各地に輸出。

工業

工業の中心は五太湖周辺からサンベルトへ移動。鉱業は、石炭。石油・ウランといった鉱産資源に恵まれる。工業は、アメリカ世界最大の工業国。

  • 原油…カナダの原油埋蔵量世界第3位。アメリカは、メキシコ湾岸、カルフォルニア、アラスカで産出。
  • 石炭…アパラチア炭田。アメリカの埋蔵量は世界一。
  • 鉄鋼石…スペリオル湖岸のメサビ鉄山。
  • 五大湖…早くから工業が発達。デトロイトの自動車工業、ピッツバーグの鉄鋼業。
  • サンベルト…北緯37度以南での先端技術産業が発達。
  • シリコンバレー…サンフランシスコ近郊にある電子工業の中心地域。

情報化社会にあわせ、アメリカでは先端技術産業が発達。

  • 多国籍企業…アメリカ合衆国の世界各国に工場や支社を置く企業が多い。
  • NAFTA(北アメリカ自由貿易協定)…アメリカ合衆国・カナダ・メキシコは経済分野での協力を進めている。

あわせて確認

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク