中学地理の「ブラジル」のポイント

シェアする

スポンサーリンク

中学地理の「ブラジル」のポイントについてまとめています。ブラジルは、世界最大の流域面積をほこるアマゾン川が流れ、セルバが生い茂ります。またk農業国から工業国への転換に成功し、BRICSの一員で日系人も活躍しています。そのあたりについて、詳しく記述しています。それでは、中学地理の「ブラジル」のポイントです。

ブラジル

ブラジルは南アメリカ大陸の中で、面積・人口ともに最大の国である。東は大西洋に面し、西はアンデス山中にあるペルー、ボリビアなどの国々に接する。北部には世界最大の流域面積を有するアマゾン川が流れ、その流域のアマゾン盆地にはセルバとよばれる熱帯雨林が生い茂っている。

中央部から南部にかけてはブラジル高原が広がり、その南部にはカンポとよばれるやや乾燥した熱帯性の草原が広がる。気候は、北部は熱帯、南部は温帯に属する。

ブラジルでは、16世紀初頭ごろからポルトガル人の入植 が始まり、後にその植民地となった。その影響で、中南米の国では唯一、ポルトガル語が公用語となっている。

スポンサーリンク

産業

ブラジルでは、古くからプランテーション(大農園)でコーヒー豆とさとうきびの栽培が行われてきた。かつてブラジルの農業は、これらの農作物の生産にたよるモノカルチャー(単一栽培)であったが、近年は、綿花、大豆、小麦、とうもろこしなど、農業の多角化が進んでいる。

ブラジルは、鉱産資源にめぐまれた国で、鉄鉱石やボーキサイトなどの生産量は世界有数である。これらの資源と豊富な水力発電によるエネルギー資源、安価な労働力を活用して、外国資本の誘致に積極的に取り組んだ。

  • 鉄鉱石…鉄鉱石は、中国・オーストラリア・ブラジルなどで産出量が多い。

その結果、自動車工業、造船業、鉄鋼業が発達し、工業国への転換を果たし、BRICSの構成国の1つとなった。
確認中学地理の「NIESとBRICS」のまとめ

人種

人種では、ポルトガル系の白人が最も多いが、白人と黒人の混血(ムラート)、黒人、アジア系なども多く、それぞれの人種が分け隔てなく入り交じって生活する「人種のるつぼ」である。日本人も明治時代以降、多く移住しており、サンパウロにはその子孫である日系人が多く住む。しかし、貧富の差が激しく、リオデジャネイロなどの都市部にはスラムが広がり、ストリートチルドレンなどの問題がある。

まとめ

  • 人口…約1億9400万人で世界第5位。日系人も多く生活。
  • 農業…コーヒー・サトウキビの栽培がさかん。コーヒーの生産量・輸出量世界一。さとうきびを原料としてバイオエタノールを生産。
  • 鉱業…鉄鉱石・ボーキサイトなど鉱産資源が豊富。鉄鉱石の生産は世界有数。
  • 工業…南アメリカ最大の重化学工業国。BRICsの一員。
  • 環境問題…焼畑農業・道路建設・牧場の増設などにより熱帯林の破壊が進み、環境問題が深刻となっている。

その他の国

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク



トップへ戻る