中学地理「ドイツ」ポイントまとめ

シェアする

スポンサーリンク

中学地理のEU最大の工業国「ドイツ」のまとめです。ドイツといえば、サッカーの強豪国であり、自動車のベンツやBMW、アウディなども有名。そのほか、薬品などでも有名です。入試ではどこが出題されるのでしょう。それでは、EU最大の工業国「ドイツ」についてみていきましょう。

ドイツ

ドイツはEU最大の工業国で、ヨーロッパ大陸における経済的及び政治的な主要国であり、多くの文化、理論、技術分野における歴史上重要な指導国

  • 国土面積…35.7万キロ平方メートル
  • 人口…約8200万。
  • 気候…ドイツの大部分は温暖な偏西風とメキシコ湾流の北延である北大西洋海流の暖流によって比較的温和
  • 東西統一…東西に分裂していたが統一。首都はベルリン
  • 工業…EU最大の工業国。内陸部から臨海部に工業の中心が移動。鉄鋼業・化学工業・自動車工業が発達。ルール炭田とライン川の水運を元にルール工業地域が発展。
  • 環境先進国…水質汚濁や酸性雨の被を害激しい規制で大気汚染や交通渋滞が和らいでいます。
スポンサーリンク

ドイツの社会

ドイツはヨーロッパの中央部に位置し、北は北海とバル ト海に面し、南部はアルプス山脈に接している。北部には 北ドイツ平原が広がり、中央部はなだらかな丘陵地帯。南部は山岳地帯が広がる南高北低の地勢である。また,、国土の西部を国際河川のライン川が南から北に流れている。北大西洋海流や偏西風の影響で、気候は温帯の西岸海洋性気候になっているが、内陸部は冬の寒さがきびしい。

ドイツの歴史

ゲルマン民族の国であるドイツは、長く分裂状態が続い ていたが, 19世紀後半にようやく統一国家が樹立された。その後、2度の世界大戦の発端をつくり、ともに敗戦した。第二次世界大戦後は冷戦のあおりを受けて西ドイツと東ドイツに国土が分割され, 首都ベルリンには「ベルリン の壁」がつくられた。1989年の冷戦終結にともない、1990年に東西ドイツの統一が実現したが、現在も東西の経済格差が問題っている。

ドイツの農業

混合農業がさかん。ワインづくりでも有名。北部と中部では小麦やてんさいなどの農作物栽培と、牛や豚を飼育する畜産を組み合わせた混合農業がさかんである。また、南西部のライン川流域などではぶどう栽培が行われ、ワインづくりもさかんである。

ドイツの工業

ルール工業地域を中心に工業が発達。自動車の生産は世界有数。ドイツの工業は、ライン川中流域に形成されたルール業地域を中心に発達してきた。この地域は石炭が産出するうえ、 国際河川のライン川の水運にめぐまれており、フランスのロレーヌ地方から鉄鉱石が運ばれてきた。この条件を生かして、古くから鉄鋼業が発達している。また、ドイツは、19世紀後半にガソリンエンジンやディーゼルエンジンを世界に先がけて開発した国であり、自動車の生産台数は世界有数で、日本への輸出も多い。そのほか、古くからの職人技を生かした工作機械や精密機械の生産、薬品などの化学工業も非常に発達している。ドイツはヨーロッパ最大の工業国であり、他のヨーロッパ諸国から多くの外国人 労働者を受け入れてきた。こうした工業の発達は、ライン川の汚染や酸性雨などの環境問題を生み出した。この問題に対応するためにドイツでは早くからゴミのリサイクルやパークアンドライドなどの環境対策が進められた。この結果、現在は世界有数の環境大国として、各国の手本となっている。

その他の国

以上が、中学地理「ドイツ」ポイントまとめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク



コメント

  1. […] あり、多くの文化、理論、技術分野における歴史上重要な指導国。環境先進国で水質汚濁や酸性雨の被を害激しい規制で大気汚染や交通渋滞が和らいでいます。 確認中学地理「ドイツ」 […]