高校入試対策・社会「世界の農業」のまとめ

シェアする

スポンサーリンク

「世界の農業」のまとめです。特定の国々の特徴ばかりでなく、全体の中はどうなのかと比較しながら勉強しておく必要があります。今回は、世界の農業についてまとめています。それでは、高校入試対策・社会「世界の農業」のまとめをみていきましょう。

アメリカ合衆国の農業

労働者を雇い大型機械を使用して大規模に栽培。自然条件や社会条件に適した作物を栽培(適地適作)。大規模に栽培すると生産にかかる費用は安くなる。

  • 小麦…プレーリーからグレートプレーンズにかけた地域で小麦の栽培。
  • トウモロコシ…中央平原北部のオハイオ州からアイオワ州にかけて栽培。大豆の生産も盛ん。
  • 酪農…五大湖の周辺。
  • 綿花…南部一帯から東部。大豆や落花生の栽培。
  • 地中海式農業…カリフォルニア州を中心にぶどう、オリーブ、オレンジなどを栽培。
    アメリカは、世界の食料庫で、小麦・トウモロコシ・大豆などを大量に生産し、世界各地に輸出している。アメリカ合衆国で生産された農作物は世界各地に輸出。

<確認>中学地理の「アメリカ合衆国(農業・工業など)」のまとめ

ヨーロッパの農業

  • 混合農業…北部・西部では穀物・飼料作物の栽培と家畜の飼育を組み合わせた混合農業が発達。
  • 地中海式農業…地中海沿岸では夏はオリーブ、ぶどうなどの果樹。冬は小麦を栽培する地中海式農業を行う。

<確認>中学地理の「ヨーロッパ州」の総まとめ

スポンサーリンク

フランスの農業

フランスはEU最大の農業国。小麦の生産量・輸出量は世界有数(どちらも5位)。
<確認>中学地理のEU最大の農業国「フランス」のまとめ

オランダの農業

園芸農業が盛んで、酪農によりチーズなどを生産。
<確認>中学地理の酪農・開拓地の国「オランダ」のまとめ

イタリアの農業

地中海式農業は、ぶどう、オリーブは世界有数の生産。
<確認>中学地理の世界遺産が最も多い国「イタリア」のまとめ

オーストラリアの農業

  • 牧羊…降水量が少ない地域。堀り抜き井戸を利用。
  • 牧牛…比較的降水量が多い地域。
  • 酪農…温暖湿潤気候で人口が多い南東部。
  • 小麦と羊を組み合わせた農業…降水量の多い地域。
  • さとうきび…高温多雨の北東部の海岸地域。オーストラリア自然環境に合わせて農牧業を行っている。

<確認>中学地理の「オセアニア(オーストラリアなど)」についての総まとめ

ブラジルの農業

ブラジルは、南アフリカ大陸の約半分を占める。農業は、コーヒー・サトウキビの栽培がさかん。コーヒーの生産量・輸出量世界一。さとうきびを原料としてバイオエタノールを生産。
<確認>中学地理の「南アメリカ(ブラジル・アルゼンチンなど)」についての総まとめ

アフリカの農業

農業は、輸出用の商品作物を栽培。カカオコーヒーなど。プランテーションでは、欧米諸国が開いた特定の商品作物だけを栽培する大規模な企業的な農園農業。
<確認>高校入試やテストに出る中学社会の「アフリカ州」についての総まとめ

インドの農業

農業は、降水量が多いヒンドスタン平野、ガンジス川流域は稲作。降水量が比較的少ないインダス川流域は小麦栽培が盛ん。
<確認>中学地理のインドについてのまとめ

東南アジアの農業

稲作が盛んで二期作を行う地域もある。タイは、米の輸出量と天然ゴムの生産量は世界一。マレーシア、インドネシアでプランテーションでコーヒーを栽培。
<確認>中学地理の東南アジアについてのまとめ

中国の農業

東北・華北は畑作が中心。華中・華南は、稲作中心です。1970年代から生産責任制を導入。
<確認>中学地理の中華人民共和国(中国)についてのまとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク