中学地理の産業革命のきっかけの国「イギリス」のまとめ

スポンサーリンク

産業革命のきっかけの国「イギリス」のまとめです。産業革命がはじまった都市であり、金融の中心都市の1つでもあります。EU離脱もあり注目されている国ですので、テストでも注視です。それでは、産業革命のきっかけの国「イギリス」についてみていきましょう。
参考【入試対策】中高生にもわかる英国EU離脱問題。

イギリス

イギリスから産業革命が始まり、イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの国で構成されています。

  • 国土…面積は24.3万キロ平方メートル
  • 人口…約6200万人。産業革命18世紀にイギリスから産業革命が始まる。
  • 北海油田…原油輸出国となるが近年は生産量が減少。
  • ユーロトンネル…ドーバー海峡を通り大陸と結んでいる。
  • 首都ロンドン…2016年時点でニューヨークを上回る世界一の金融センターとなっています。
スポンサーリンク

ヨーロッパに関する練習問題