中学地理のインドについてのまとめ

スポンサーリンク

中学地理のインドについてのまとめです。インドは、大部分がヒンドゥ教であり、急速に情報技術産業が発達している国で、世界への影響力を高めています。それでは、中学地理のインドについてみていきましょう。

インド

インドの大部分がヒンドゥー教です。

  • 気候…大部分が熱帯で雨季と乾季があり、季節風の影響を強く受ける。
  • 人口…約12億人で世界第2位。人口増加率が高い。
  • 宗教…インドはヒンドゥー教徒が大部分を占める。カースト制が社会生活に大きな影響を与えている。
  • 農業…降水量が多いヒンドスタン平野、ガンジス川流域は稲作。降水量が比較的少ないインダス川流域は小麦栽培が盛ん。
  • 鉱工業…鉱産資源が豊富。BRICsの一員であり、最先端産業や情報技術(IT)産業が急速に発展。
スポンサーリンク

その他のアジアについて確認

練習問題