中学地理の「近畿地方」のポイント・練習問題

スポンサーリンク

「近畿地方」についてのまとめです。京都や奈良の歴史的な遺産、滋賀県の琵琶湖など、近畿には、入試にも出やすい都市や地名が数多くあるので、それも一緒に覚えていきましょう。それでは、中学地理の「近畿地方」についてのまとめです。最後には、近畿地方に関する練習問題もつけています。それぞれの都市名とその特産物、各種工業の特徴をつかんだあとに解いてみましょう。

近畿地方

北と南は山地、中央部に琵琶湖と平野が広がる。

スポンサーリンク

地形

  • 北部…山がちで若狭海岸は、リアス海岸が発達。
  • 中央低地…面積が日本最大の琵琶湖。盆地、平野が広がる。
  • 南部…険しい山地、志摩半島はリアス海岸が発達。

気候

  • 北部…日本海側の気候、多くの積雪。
  • 中央低地…瀬戸内の気候、降水量が少ない。
  • 南部…太平洋側の気候。降水量が多い。

近畿の都市

近畿地方には歴史的な遺産が多く残る。

  • 古都…京都に平安京、奈良には、平城京など都が置かれ、多くの寺社が現在残されている。
  • 大阪…江戸時代には「天下の台所」と呼ばれ、明治時代にかけて日本を代表する商業都市として発展。

観光は、京都、奈良には文化財が多くあり、多くが世界文化遺産に登録。観光客も多い。姫路城、法隆寺は日本で最初に世界文化遺産に登録された。

大阪大都市圏

大阪を中心に大阪大都市圏を形成。大阪大都市圏は、大阪市を中心に京都・神戸・奈良市などに人口が集中。郊外から都市の中心部に通勤・通学する人も多い。郊外にニュータウンを建設。

  • 鉄道…私鉄を中心に沿岸に住宅地、ターミナル駅、百貨店を建設。近畿地方では私鉄が中心となったまちづくりを行う。

産業

西陣織、京友禅などの伝統的工芸品が多くある。

  • 農業…奈良・兵庫・京都など大都市郊外で、野菜や花を作る近郊農業が盛ん。
  • 工業…姫路から堺・和歌山にかけて阪神工業地帯。阪神工業地帯は、戦前はせんい工業。現在は医薬品・化学品工業が生産の中心。中小工場が多い。
  • パネルベイ…大阪湾沿岸で液晶パネル・太陽電池などを生産する新しい工場がつくられた地域。
  • 伝統工芸…多くの伝統的工芸品が現在に受け継がれている。

練習問題

次の問いに答えよ。ただし、(    )に適語入れよ。

  1. 近畿地方南部の大部分は、(    )山地がしめている。
  2. 近畿地方の中央低地の気候は、(    )内の気候である。
  3. (    )は、江戸時代、天下の台所とよばれ商業の中心地だった。
  4. 大阪を中心に神戸・奈良・京都など、人やものの移動で深いつながりをもつ地域を(    )大都市圏という。
  5. 阪神工業地帯の特徴として、従業員300人未満の(    )工業が多い。
  6. 近畿地方の中央低地に位置する、面積が日本最大の湖を何というか。
  7. 794年から1000年あまり都がおかれていた都市はどこか。
  8. 淡路島などでさかんに行われている、大都市向けの野菜などを生産する農業を何というか。
  9. 大阪湾に沿ってつくられた、液晶パネル、太陽電池などを生産する地域を何というか。
  10. 710年に平城京が置かれ、寺院が多く、朱雀、右京といった特徴的な地名が残されている都市はどこか。
  11. 京阪神地方に生活用水や工業用水、農業用水を提供する水源となっている大阪湾にそそぐ川を何というか。
  12. 世界最大級のコンテナ港ポートアイランドがある都市はどこか。
  13. 大阪湾岸とその背後に広がる工業地帯を何というか。
  14. 原子力発電所が集中している、京都府と福井県にまたがる湾を何というか。
  15. 日本で最初に真珠の養殖が行われた、志摩半島南部にある湾を何というか。

解答

  1. 紀伊山地
  2. 瀬戸
  3. 大阪
  4. 大阪
  5. 中小
  6. 琵琶湖
  7. 京都
  8. 近郊農業
  9. パネルベイ
  10. 奈良市
  11. 淀川
  12. 神戸
  13. 阪神工業地帯
  14. 若狭湾
  15. 英虞湾

コメント

  1. […] 路から堺・和歌山にかけて阪神工業地帯。阪神工業地帯は、戦前はせんい工業。現在は医薬品・化学品工業が生産の中心。中小工場が多いです。 確認中学地理の「近畿地方」のポイント […]