中学地理の酪農・開拓地の国「オランダ」のまとめ

スポンサーリンク

酪農・開拓地の国「オランダ」についてです。オランダと言えば、開拓地ポルダーの存在。国土の多くが海面より低いという特徴があります。それでは、中学地理の酪農・開拓地の国「オランダ」のまとめをみていきましょう。

オランダ

国土の多くが海面より低いオランダ。江戸時代の鎖国下で欧州諸国で唯一外交関係を維持した国でもあります。当時オランダを通じてもたらされた学問・技術は蘭学と呼ばれ、後の開国・明治維新に向けての下地を準備、形成することになった。

  • 国土面積…3.7万キロ平方メートル
  • 人口…約1700万人
  • ポルダー…国土の約4分の1は海面より低い開拓地
  • 農業…園芸農業が盛ん。酪農によりチーズなどを生産。
  • ユーロポート…EUの最大の貿易港。石油化学工業も発達。
スポンサーリンク

その他のヨーロッパ諸国

ヨーロッパに関する練習問題