中学歴史「日本の時代と中国の王朝(時代)の対応表」

シェアする

スポンサーリンク

中学歴史「日本の時代と中国の王朝(時代)の対応表」についてまとめています。

日本の時代と中国の王朝(時代)

日本の時代 中国の王朝 備考
縄文時代
春秋
弥生時代 戦国
三国
古墳時代
南北朝
飛鳥時代 遣隋使(小野妹子など)の派遣
飛鳥時代(後半)
奈良時代
平安時代(初頭)
平安時代 平清盛が太政大臣、日宋貿易
鎌倉時代 元寇
室町時代 日明貿易(勘合貿易)
安土桃山時代
江戸時代
明治時代 日清戦争
大正時代 中華民国 二十一カ条の要求
昭和時代(前半) 日中戦争
昭和時代(後半) 中華人民共和国 日中平和友好条約
平成時代
スポンサーリンク

日中関係の人物と出来事

  • 小野妹子…聖徳太子が遣隋使として中国に送った中心人物
  • 平清盛…保元の乱と平治の乱に勝って政治の実権をにぎり、武士と初めて太政大臣になった人物。
  • 確認中学歴史「覚えておきたい人物まとめ」一問一答

  • 元寇…執権北条時宗の時代、元の皇帝フビライが北九州に2度大軍を送るが幕府軍の抵抗や暴風などで退く。
  • 日明貿易…勘合貿易ともいわれ、明が日本に対して倭寇の取り締りをを求めた。足利義満は倭寇を禁止して、明との間に日明(勘合)貿易をはじめた。
  • 二十一条の要求…1915年日本が中国に、中国での権益の拡大のため、武力を背景に認めさせた要求。日本は第一次世界大戦を利用し中国での権益を拡大した。
  • 確認高校入試やテストに出る社会科歴史「絶対覚えておきたい出来事」まとめ

以上が、中学歴史「日本の時代と中国の王朝(時代)の対応表」となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク