中学理科「人の腕の骨格と筋肉の定期テスト過去問分析問題」

中学理科「人の腕の骨格と筋肉の定期テスト過去問分析問題」です。

スポンサーリンク

人の腕の骨格と筋肉の定期テスト過去問分析問題

図は、人の腕の骨格と筋肉のつくりを一部を示している。次の問いに答えなさい。
骨格と筋肉定期テストサムネイル

(1)筋肉の両端にある丈夫なつくりで、筋肉と骨を結びつけているAのような部分、骨と骨を結びつけてるBのような部分を何というか。

(2)腕を曲げるとき、C,Dの筋肉は、それぞれどうなるか。次のア~エから選びなさい。
 ア Cの筋肉が縮み、Dの筋肉も縮む。
 イ Cの筋肉が縮み、Dの筋肉がゆるむ。
 ウ Cの筋肉がゆるみ、Dの筋肉が縮む。
 エ Cの筋肉がゆるみ、Dの筋肉もゆるむ。

(3)腕を伸ばすとき、B,Cの筋肉は、それぞれどうなるか。次のア~エから選びなさい。
 ア Cの筋肉が縮み、Dの筋肉も縮む。
 イ Cの筋肉が縮み、Dの筋肉がゆるむ。
 ウ Cの筋肉がゆるみ、Dの筋肉が縮む。
 エ Cの筋肉がゆるみ、Dの筋肉もゆるむ。

(4)骨格は、たくさんの骨が結合して組み立てられてできている。このことは、主に3つのはたらきに役立っている。1つは「体を動かすこと」である。残りの2つを簡潔に答えなさい。

人の腕の骨格と筋肉の定期テスト過去問分析問題の解答

(1)Aけん B関節
(2)イ
(3)ウ

(4)
・体を支えること。 
・内臓を守ること。

コメント

テキストのコピーはできません。