高校入試英語対策「会話文(対話文)」の解き方と勉強の仕方

シェアする

スポンサーリンク

英語対策「会話文(対話文)」の解き方と勉強の仕方についてまとめています。会話文は、高校入試、英検、この先の大学入試でも必ず出題されるところなので、その解き方をマスターしておきたいものです。それでは、高校入試英語対策「会話文(対話文)」の解き方と勉強の仕方をみていきましょう。

「会話文(対話文)」の解き方

  • 英文の上についている日本語の説明は必ず最初に読む!⇒登場人物や状況がわかる
  • (注)の単語をチェックする!⇒後で気づく…なんてことはもったいない!
  • 選択肢全部に目を通す!
  • 空らんにあてはまる文はどれか考えながら英文を読む!⇒空らんの直後の答えの文に注目。問いと答えはセットになっていることが多い

会話文の勉強法

スポンサーリンク

簡単に訳す!(知らない単語は無視。)

意味がわからない単語がいくつかでてきても、文脈からある程度その文章の訳を考えることができます。だから絶対にあきらめない。想像することが大事!

直前、直後だけに注目せよ!

直前と直後を訳すことで答えを選ぶことができます。全文を訳そうとする必要はナシ!

疑問詞は連続しないと考える!

基本的に二つの疑問詞(what, why など)が連続することはありません。英文の中に疑問詞がある場合は、疑問詞は選ばないということになります。

発言者を予想する!

英文で、内容によっては発言者を特定できる場合があります。例えば、由美と留学生のトムの会話で It is difficult to speak Japanese. という選択肢があった場合、これは明らかにトムの発言なりますね。

動詞に注目する

本文中であれ、選択肢の英文であれ、使用されている動詞に着目しましょう。ある動詞を使って質問する場合は、必ず同じ動詞を使って答えるのがルールです。

以上のことを守りながら、勉強してみましょう。

実戦練習

次の会話文の(1)~(5)に入る適切な文をア~オから一つずつ選び、記号で答えなさい。

Nana : What are you going to do tonight, Tom?
Tom : I’m going to write a letter to David, a cousin of mine.
Nana : (  1  )
Tom : In a small town by the sea, about 200 miles from here. My sister Lisa and I are going to stay with him again this summer.
Nana : Really?( 2  )
Tom : Once or twice a year. Oh, last summer we spent a whole month there.
Nana : ( 3 )
Tom : David, Lisa and I went swimming every morning.
Nana : What did you usually do in the afternoon?
Tom : Sometimes we went fishing on a lake near David’s house.
Nana : So you are good at fishing, aren’t you?
Tom : Yes, I am. ( 4  )
Nana : No, I’m not.
Tom :( 5  )
Nana : Thanks a lot. That’s very nice of you. I’ll ask my parents about this.

<語句>

  • cousin 「いとこ」
  • once or twice a year 「一年に一回か二回」
  • go ~ing 「~しに行く」
  • Why don’t you + 動詞の原形 「~するのはどうですか」
  • be good at ~ing 「~するのが得意だ」
  • How often ~? 「どのくらい~ですか」

<選択肢>

ア Why don’t you join us on our trip to the seaside this summer?
イ What did you do while you were there?
ウ Where does he live?
エ How often do you go there?
オ How about you?

解説・解答

( 1 )の後に場所を答えている⇒場所を尋ねる where ~ ? を選ぶ
( 2 )の後に once or twice と頻度を答えている⇒頻度を尋ねる How often ~?
( 3 )の後で「デイビットとリサと僕は毎日泳ぎに行った」と何をしたか答えている⇒何かを尋ねる what で始まる文を選ぶ。
( 4 )「あなたは魚釣りが得意なのですね?」「うん、あなたはどうなの?」「いいえ、得意ではありません」how about you? 「あなたはどうですか」
( 5 )の後に奈々が「どうもありがとう」と答えているので、その前に「君もこの夏、ほくたちの海辺への旅に加わってはどう?」と誘う文が入る。Why don’t you~? 誘い文句

1=ウ
2=エ
3=イ
4=オ
5=カ

まとめ

要領よく解いていくことで、時間にも余裕がうまれ、見直しもできるでしょう。普段の勉強の仕方としては、再度確認すると、

  • 簡単に訳す!(知らない単語は無視。)
  • 直前、直後だけに注目せよ!
  • 疑問詞は連続しないと考える!
  • 発言者を予想する!
  • 動詞に注目する

を意識しておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク