▶ YouTubeで学ぶ「中学生のためのマサノリ先生の授業」

中1理科「質量パーセント濃度の定期テスト対策問題」

スポンサーリンク

質量パーセント濃度の練習問題

問1 図のように、ある温度の水230gにホウ酸20gを加えて、よくかき混ぜたところ、ホウ酸がすべてとけた。次の問いに答えなさい。
ホウ酸の水溶液濃度

(1) 図のホウ酸のように、水にとけた物質を何というか答えなさい。
(2) 図のホウ酸の水溶液の質量パーセント濃度は何%か求めなさい。
(3) ホウ酸の水溶液のように、いくつかの物質が混じり合ったものを何というか答えなさい。

(4) 水溶液に共通する特徴を、次のア~エから1つ選びなさい。

ア 顕微鏡で観察すると, とけた物質が見える。
イ 水溶液はすべて無色透明である。
ウ 水溶液の濃さはどこも同じである。
エ やがて下の方が濃くなってくる。

問2
次の問いに答えなさい。

  1. 濃度は、溶質の質量÷(  )の質量×100で求めることができる。(  )には、溶液、溶質、溶媒のどれが入るか。
  2. 食塩20gを水80gに溶かしたときの濃度は何%か。
  3. 食塩20gが溶けた食塩水80gの濃度は何%か。
  4. 濃度40%の食塩水200gには何gの食塩が溶けているか。

質量パーセント濃度の練習問題解答

問1
(1) 溶質

ホウ酸を水にとかしたとき、ホウ酸のように液体(溶媒)にとけている物質を溶質という。

(2) 8%

20g÷(20g+230g)×100=8%

(3) 混合物

ホウ酸の水溶液は、ホウ酸と水が混じっているので、混合物である。

(4) ウ

ア…物質が水にとけると、顕微鏡で見えないほど小さくなる。
イ…水溶液は透明であるがコーヒーシュガーや硫 酸銅の水溶液のように、色がついているものもある。
エ…水溶液の濃さは、時間がたっても、どの部分も同じである。

問2

  1. 溶液
  2. 20%
  3. 25%
  4. 80g

コメント