中2理科の「雲量と天気」のまとめ

シェアする

スポンサーリンク

中2理科の「雲量と天気」についてまとめています。雲量は、全天の何割を雲がおおっているかを雲量といいます。そのあたりについて、詳しく記述しています。それでは、中2理科の「雲量と天気」のまとめです。

雲量と天気

全天が雲でおおわれているときの雲量を10、雲がまったくないときの雲量を0、全天の半分くらいが雲でおおわれ、残りの半分くらいが青空であるときの雲量を5とする。

雲量は、0~10の11階級に分けて表す。この場合、雲の濃さは関係なく、たとえば、全天をうすい巻層雲がベールのようにおおっている場合でも、雲量は10とする。

雲量と天気において、雨や雪などの降水がある場合や霧などで雲量を知ることができない場合を除いて、天気は雲量によ って、快晴・晴れ・曇りの3つに分けて表す。この場合、日が当たっているかいないかはまったく関係がない。したがって、快晴や晴れのときでも、太陽が雲でおおわれていることがあるし、曇りのときでも、雲のすき間から日がさしていることもある。

天気記号

  • 快晴…雲量0と雲量1
  • 晴れ…雲量2から雲量8までのとき
  • 曇り…雲量9と雲量10

まとめ

大きく雲の量によって天気が決められています。雲量とは雲の量を表すもので、空全体を10としたときにどのくらいの割合で雲があるのかを示したものです。空全体が見渡せる広場で目視で確認します。雲量が8といえば雲が多く「曇り」のようなイメージがありますが、雲量が2~8までは「晴れ」になります。

天気記号

雨と雪は雲量が関係ありません。雲の量に関係なく、雨が降れば「雨」、雪が降れば「雪」になります。以上の5つの天気を知っておけば大丈夫です。記号も書けるようにしておきましょう。

スポンサーリンク

あわせて確認

以上が、中2理科の「雲量と天気」のまとめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク