中1理科「音の性質のポイントまとめ」

音の練習問題です。学習のポイントは、音の高低、大小の変化はどうであるかです。

スポンサーリンク

音の性質

音の性質の図
音の発生は、音を出すもの(音源)が振動することで音が鳴ります。

音の伝わり方

  • 気体(空気など)、液体(水など)、固体(金属や木など)は、音は伝わるが、真空中では音は伝わらない
  • 空気中を音が伝わる速さは約340m/sです。空気の温度によって少し変化しますが、この数字を覚えておきましょう。
  • 音の速さ(m/s)=距離(m)/時間(s)

音の大小

音の幅は、大小。音源の振動の幅を表します。振幅が大きければ大きいほど大きい音になります。振幅が小さければ小さいほど小さな音になります。

  • 大きい音→振幅が大きい
  • 小さい音→振幅が小さい

音の高低

音の高低は、振動数。音源が1秒間に振動する回数を振動数といいます。単位は[Hz]でヘルツといいます。振動数が多ければ多いほど高い音になり、振動数が少なければ少ないほど低い音になります。

  • 高い音…振動数が多い。波長が短い。
  • 低い音…振動数が少ない。波長が長い。

波長とは、音の波形の山から山(谷から谷)での長さ。

コメント

テキストのコピーはできません。