中1理科の「音の性質」のポイント・練習問題

シェアする

スポンサーリンク

音の練習問題です。学習のポイントは、音の高低、大小の変化はどうであるかです。

音の性質

音の発生は、音を出すもの(音源)が振動することで音が鳴ります。

スポンサーリンク

音の伝わり方

  • 気体(空気など)、液体(水など)、固体(金属や木など)は、音は伝わるが、真空中では音は伝わらない。
  • 空気中を音が伝わる速さは約340m/sです。空気の温度によって少し変化しますが、この数字を覚えておきましょう。
  • 音の速さ(m/s)=距離(m)/時間(s)

音の大小

音の幅は、大小。音源の振動の幅を表します。振幅が大きければ大きいほど大きい音になります。振幅が小さければ小さいほど小さな音になります。

  • 大きい音→振幅が大きい
  • 小さい音→振幅が小さい

音の高低

音の高低は、振動数。音源が1秒間に振動する回数を振動数といいます。単位は[Hz]でヘルツといいます。振動数が多ければ多いほど高い音になり、振動数が少なければ少ないほど低い音になります。

  • 高い音…振動数が多い。波長が短い。
  • 低い音…振動数が少ない。波長が長い。

波長とは、音の波形の山から山(谷から谷)での長さ。

音の練習問題

次の問いに答えよ。(    )に適語入れよ。

  1. 音の大きさは、(    )が大きいほど、音は大きくなる。
  2. 音の高さは、(    )が多いほど、音は高い。
  3. 弦を強くはじくと、(    )音になる。
  4. 音と低くするには、弦を(    )くする・弦を太くする・弦を弱く張るのいずれかである。
  5. 振動して音を発生しているものを何というか。
  6. 音の伝わり方は、(    )が振動して伝わる
  7. 音は、気体、液体、固体では、どの状態が早く伝わるか。
  8. 自ら音を出している物体を何というか。
  9. 振動が次々と伝わる現象を何というか。
  10. 音が伝わらないのは、どんな状態にあるときか。
  11. 音は1秒間にどれくらいの距離を進むか。
  12. 振幅とは、何の幅か。
  13. 音源の振幅が大きいほど、音はどうなるか。
  14. 振動数とは、何の回数か。
  15. 音源の振動数が多いほど、音はどうなるか。
  16. 振動数の単位は、カタカナで何か。
  17. 振動数の単位は、アルファベットでどう書くか。
  18. 振動数が同じ2つの物体の片方を鳴らしたときに、もう一方も自然に鳴り出す現象を何というか。
  19. 音の大小や高低を、波形で表す装置を何というか。
  20. 音源が近づくときは音が高くなり、音源が遠ざかるときは音が低くなる現象を何というか。

解答

  1. 振動の幅(振幅)
  2. 振動する回数(振動数)
  3. 大きい
  4. 音源
  5. 空気
  6. 気体
  7. 音源
  8. 真空中
  9. 340m
  10. 振動
  11. 音が大きくなる
  12. 1秒間に振動する回数
  13. 音が高くなる
  14. ヘルツ
  15. Hz
  16. 共鳴
  17. オシロスコープ
  18. ドップラー効果
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク