中学歴史「昭和時代」総まとめポイント

昭和時代に関する練習問題についてです。学習のポイントは、第二次世界大戦、その後の高度経済成長を2本の柱を軸に、その中での、日本国内はもとより、外国との関係を時系列的にしっかりおさえておくことが必要です。

世界恐慌

世界恐慌は、1929年、アメリカのニューヨークでの株価暴落をきっかけに起こった世界的な経済の混乱。

  • ブロック経済…イギリス・フランスがとった対応で、植民地と本国との貿易を拡大し、他国からの商品に対する関税を高くする経済政策。
  • ニューディール政策…アメリカの対応でルーズベルト大統領の下で積極的な公共事業。農業や工業の生産調整、労働組合の保護を推し進めた。

ソ連は、それ以前からの経済計画(5カ年計画)を行っていたので世界恐慌の影響を受けなかった。各国は、それぞれの方法で経済の復興を目指した。

スポンサーリンク

ファシズム

第一次世界大戦後、ファシズムが台頭する。

  • ファシズム…民主主義や自由主義を否定する全体主義の体制。

<イタリア>
イタリアは、ムッソリーニが率いるファシスト党が政権を握り、独裁を行う。エチオピアを侵略。

<ドイツ>
べルサイユ条約への国民の不満からヒトラーの率いるナチズ(国民社会主義ドイツ労働者党)が国民に支持される。ユダヤ人を迫害し、自由主義者・共産主義者を攻撃。民主主義を無視し、独裁を行う。植民地の少ないイタリア・ドイツでファシズムが台頭する。

昭和恐慌

世界恐慌の影響は日本にも及ぶ。

  • 昭和恐慌…世界恐慌の影響で深刻な不況に陥った。

労働争議と小作争議

  • 社会…農産物の価格の下落や基金などで国民生活が苦しくなる。労働争議・小作争議が激しくなった。
  • 政党政治の行き詰まり…1930年ロンドン海軍軍縮会議が開かれ、イギリス・アメリカと共に軍縮条約を結ぶ。天皇の権限の侵害があるとされ、浜口雄幸首相が右翼の青年をおそわれ、退陣する。日本では経済でも政治でも行き詰まった状態になる。

第二次世界大戦

第二次世界大戦は、ドイツがソ連と独ソ不可侵条約を結んだ上でポーランドでの侵攻開始したのがきっかけで起こります。イギリス・フランスがドイツに宣戦布告します。第二次世界対戦始まり戦争が拡大していきます。

  • イタリア…ドイツが優勢と見るとドイツ側で参戦。1940年日独伊三国同盟を結び、関係を強化する。
  • アメリカ…1941年アメリカのルーズベルト大統領とイギリスのチャーチル首相が大西洋憲章発表。ファシズムとの対決姿勢を明らかにする。
  • その他の国々…ドイツの過去の占領政策に対してレジスタンスト言われる抵抗運動を行った。

欧米諸国でファシズムの枢軸国と反ファシズムの連合国との戦いという構図が明らかになる。

太平洋戦争

日本は南進を進めます。1941年4月ソ連と日ソ中立条約を結び、7月にフランス領インドシナ南部を占領。一方で、アメリカとの交渉決裂し、アメリカは、フランス領インドネシア南部を占領した日本に対して石油の輸出を禁止し、イギリスも同調。これにより、東条英機内閣と軍部はアメリカとの戦争決意した。

  • 太平洋戦争…1941年12月日本軍がハワイの真珠湾のアメリカ軍基地を奇襲攻撃。同時にイギリス領マレー半島にも情率して、太平洋戦争は始まる。太平洋戦争が始まり、第二世界大戦は世界規模の戦争に発展する。その戦争が長引き、国民生活にも様々な影響が生じます。

学徒出陣

文科系の大学生が軍隊に召集される。

勤労動員

中学生・女学生までも軍需工場で働く。

  • 情報の統制…すべての情報は政府の統制下に置かれ、正確な情報が国民には知らされなかった。国民の暮らしはさらに苦しくなったが、戦争に協力した。

大戦後の国際社会

国際連合は、1945年に設立され本部はニューヨークにある。連合国は、20世紀に2度も世界大戦がおこったことを反省し、戦後の世界平和を維持する機関の設置をめざした。こうして1945年10月、 国際連合憲章にもとづいて国際連合 (国連)が発足し(原加盟国は51)、ニューヨーク(アメリカ 合衆国)に本部がおかれた。国連には、全加盟国が参加して開かれる最高議決機関の総会、世界の平和と安全に責任をもつ安全保障理事会がおかれ、さらに経済社会理事会・国際司法裁判所・事務局などが設置された。また、総会や経済社会理事会のもとに、国連教育科学文化機関(ユネスコ) などの専門機関や国連児童基金(ユニセフ)など、多くの機関がおかれている。国連では、世界平和の維持のために常任理事国の五大国(アメリカ・イギリス・フランス・ソ連・中国)に責任を負わせる大国中心主義をとり、安全保障理事会では、重要議案に対して常任理事国の1国でも反対すれば議決できないという拒否権があたえられている。また、国際紛争の解決のために、国連軍を組織して武力制裁ができるようにした。現在、平和維持活動(PKO)も世界の各地で行われている。

  • 安全保障理事会…世界の平和と安全を維持する機関。
  • 冷たい戦争(冷戦)…アメリカを中心とする資本主義の西側陣営とソ連を中心とする共産主義の東側陣営の対立。冷戦は核戦争直前まで緊張が高まる激しい対立であった。

植民地支配の時代が終わる

  • 中国…1949年毛沢東主席とし中華人民共和国が設立。
  • 朝鮮半島…戦後日本の植民地支配から解放されるが、北緯38度線を境に、北側をソ連、南側をアメリカが占領。北側に朝鮮民主主義人民共和国。南側に大韓民国が成立。

朝鮮戦争

統一を目指して朝鮮民主主義人民共和国が大韓民国に侵攻したことをきっかけで始まる。1953年に休戦。

一方でアフリカは、1960年27国が独立。「アフリカの年」となる。植民地支配から多くの国が解放されるが、紛争・飢餓・経済格差などの問題が残る。

日本の国際社会復帰

  • サンフランシスコ平和条約…1951年に48カ国と締結し独立を回復する。同時に日米安全保障条約結び、アメリカ軍の駐留を認める。

緊張緩和

  • アジア・アフリカ会議…1955年インドネシアのバンドンで開かれ、大戦後独立した国が平和共存を訴えた。

日本の外交

  • 日ソ共同宣言…1956年ソ連との国交回復する。ソ連の支持も受け、国連の加盟が実現する。
  • 日韓基本条約…韓国を朝鮮半島唯一の政府と承認する。
  • 日中共同声明…1972年中国との国交が正常化。1978年日中平和友好条約を提供して環境深めた。
  • 1972年沖縄が日本に復帰した。この過程で非核三原則が国の方針となった。日本はアジア諸国や東側諸国の関係改善を行った。

日本高度経済成長

1950年におきた朝鮮戦争で、日本はアメリカ合衆国をはじめとする国連軍が使う武器やそのほかの注文を大量にうけた(朝鮮特需)。これがきっかけで日本の産業は活気づき、1960年ごろから、重化学工業がさかんになり、高度経済成長とよばれる大型の経済発展が始まった。

鉄道や道路の拡大

1964(昭和39)年には東海道新幹線(東京-大阪)が営業を始め、1965年には名神高速道路(愛知県小牧-兵庫県西宮)、1968年には東名高速道路(小牧-東京)が開通した。

科学・技術の進歩

核兵器の戦争への利用は、世界各国で問題になっている。日本では、茨城県東海村に原子力発電所が建設され、1963(昭和38)年に原子力発電を始めた。また、1957(昭和32)年には南極大陸に昭和基地をもうけ、観測を始めた。1970(昭和45)年には国産の人工衛星も打ち上げられた。

  • 高度経済成長…1955年から1973年まで日本経済は非常に高い成長を続けた。1968年に国民総生産が資本主義国第2位になる。
  • 公害の深刻化…経済成長の裏で、新潟水俣病・イタイイタイ病・四日市ぜんそく・水俣病の4大工業病が起こる。1967年に公害対策基本法が制定される。
  • 石油危機(オイルショック)…第4次中東戦争をきっかけに石油価格が上昇し、先進国不況に陥った。日本は、いち早く不況から抜け出し経済大国となる。
  • バブル経済…株式と土地の価格が異常に上がる好景気。1991年に崩壊。その後長期にわたる不況となる。日本は、高度経済成長をへて、経済大国となった。

日本の課題

人権問題や少子高齢化など課題を抱えている。

日本の国際的な役割

発展途上国に対する経済援助、核兵器の廃絶に向けた働きかけなど期待されている。地球規模の取り組みとして、地球温暖化などの環境問題があり、地球市民としての意識を持ち、持続可能な社会を築くために活動することが求められている。

ソ連解体

  • 冷戦の終結…1889年冷戦の象徴だったベルリンの壁が取り払われ、1991年にはソ連が解体し、冷戦が終わった。
  • 国際協調の動き…主要国首脳会議(サミット)が開かれる。ヨーロッパ連合(EU)やアジア太平洋経済協力会議(APEC)などが発足する。
  • 地域紛争…現在の世界各地で紛争が起きている。国連の平和維持活動(PKO)は、国連が紛争が起きている地域に軍を派遣し、紛争解決のために行う活動。冷戦が終わり、国際協調への動きが強まったが各地で地域紛争が続いている。

確認中学歴史「昭和時代についての一問一答」

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク



トップへ戻る